Extremely Rapid Application Development Community (xRAD)
  • 経営の変化に迅速に対応できる情報システムを目指して
  • 企業のスピード経営の実現
  • 魅力あふれるIT業界への変革

■ モデリング&超高速開発ライブ「2020東京オリンピック管理システム」参戦チーム募集

システム屋の視点で2020東京オリンピックを眺めると何が見える? 選手、コーチ、競技、成績、宿舎、会場、観客等、オリンピックを運営するためには、さまざまな要素とそれらの関係を捕捉・維持していかねばなりません。そのためにどんなデータモデルや業務連係やデバイスが必要になるのでしょう。実際に動作するシステムを実装しながら、あるべき仕様を探るための超高速開発ライブです。スポーツファンならずとも楽しめるデータモデリングライブと、実装チームによる超高速開発の真剣勝負を観戦するまたとない機会をお見逃しなく。

(なお、実際のオリンピックは、3回ほど前から特定の海外ベンダーによる専用システムを用いて運営されています。悔しいですが、今回のライブはその内容を想像しながらより良いモデルを構想して純粋に楽しむためのイベントです。ご了承ください。)

日 時 7月21日(土)13:30~17:30
会 場 株式会社プライド3階会議室
参加費 無料
終了後に近くの居酒屋さんで一般参加者を含めて懇親会(兼慰労会)を開きます。割り勘です。こちらも積極的にご参加ください。
実装チーム募集 当日のモデリングの結果として、開発スコープとDB構造(複雑な複合主キーを含む)が決定されます。
これを起点として2時間で実装して成果発表が可能であれば、どんなベンダーも参加可能です。
ただし公平を期すために、実装担当者を1名だけ含む1チーム2名以下でご参加ください
(開発ツールがダブってもかまいません)。

実装チームはツールベンダー正会員でなくとも、自薦・他薦で応募可能です。
またツールではなく多機能フレームワーク + コーディング、といったチームも歓迎します。

参加申し込みは6月より行います。はじめに実装チームを募集します。奮ってご応募ください。ご応募は幹事・事務局宛メールもしくはWebフォームから行うことができます。

■ 今年度セミナー企画の発表者募集

今年度のセミナーは先日の総会で参加者の期待の多かった3つのテーマに絞って、ユーザ、SIベンダから発表していただき、その後発表者でパネルディスカッションを行う形式で、テーマについて考察をしていきます。

日程 テーマ
7月5日(木) 14時〜17時 超高速開発ツールを前提にした「上流設計」はどうあるべきか?
9月6日(木) 14時〜17時 超高速開発ツールの「テスト」はどう考えるか?
11月8日(木) 14時〜17時 超高速開発で働き方改革は推進できるのか?

上記の3テーマの発表企業を募集します。

発表企業は 全会員対象です。また、会員の推薦であればが非会員であっても発表できるものとします。(この人はお話しできそうという人があれば会員からご紹介ください)

ご応募は幹事・事務局宛メールもしくはWebフォームから行うことができます。みなさんからのご応募をお待ちしています。

■ 6月の幹事会

6月の幹事会は6月13日(水)17時より、株式会社ウイング会議室(秋葉原)で行います。会員はどなたでもご参加できます。

  • お問い合わせ

超高速開発メールマガジン

Copyright © 超高速開発コミュニティ事務局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.