Extremely Rapid Application Development Community (xRAD)

証券ジャパン 様 営業支援システムを半分の期間で開発・導入

  • HOME »
  • 証券ジャパン 様 営業支援システムを半分の期間で開発・導入

(以下は、2014年11月11日発信のメールマガジンからの転載です)

***************************************************************

証券会社における従業員数は、1991年6月末に約16.7万人とピークを迎えましたが、
一昨年末には約8.3万人まで減少しています。そのため、一部の証券会社では1名の
営業員が数百名のお客様を担当しているケースが出てきています。こうした状況下
において、営業員を支援するシステムは多数存在していますが、これらは主に顧客
管理業務を重視しているため、入力項目が多岐に渡り、かつ操作が複雑という傾向
があり、数多くのお客様を担当する営業員を支援するシステムとしては、うまく活
用されていないのが実状でした。

こうした中、証券ジャパンでは、取引口座を持っていながら長年取り引きされてい
ないお客様へ有効な情報を提供するなど、お客様の稼働率向上を目指し、優績営業
員のノウハウを共有し、全営業員での活用を検討してきました。こうしたノウハウ
のシステム化に際し、SCSKは超高速開発・実行基盤「FastAPP(ファストアップ)」
を用いて、通常のスクラッチ開発では4~5カ月かかる開発期間を約半分に短縮し、
新たな営業支援システムを開発し、証券ジャパンへ提供を開始しました。

本システムの特長
(1)優績営業員の営業ノウハウを取り込んだ機能を搭載
証券ジャパンでは、社内の優秀な営業員の営業ノウハウをシステム化し、全営業員
での活用を推進させることで顧客稼働率を約20%向上させています。
本システムの検討・導入にあたっては、同社の営業員と協議を重ね、営業員のノウ
ハウを最大限システムへ取り込んでいます。

本システムは以下1.~3.の機能を提供します。
1. セグメンテーションされたお客様情報のスクリーニング
2. 電話帳などお客様固有情報の照会
3. お客様へのコンタクト履歴登録・履歴一覧表示

(2)「FastAPP」を活用し、2ヶ月半の開発・導入期間でサービス開始
本システムは、セキュリティ、証跡管理などエンタープライズ向けシステム開発の
必須機能を標準で備え、かつ、超高速開発が可能な「FastAPP」※を活用しました。
営業員のノウハウは日々進化しており、その進化に対するシステムへの変更要求も
数多く発生しますが、超高速開発・実行基盤「FastAPP」を用いることで、迅速な
対応が可能になります。

本事例の詳細は下記リンクをご覧ください。

http://www.scsk.jp/news/2013/press/product/20130410.html
※超高速開発・実行基盤「FastAPP」(ファストアップ)とは
SCSKが過去のSI案件にて培ってきたノウハウを部品化し、プログラミングレスで
エンタープライズ向けWebアプリケーションを開発、即時実行が可能な基盤です。
http://www.fastapp.jp/

Copyright © 超高速開発コミュニティ事務局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.