Extremely Rapid Application Development Community (xRAD)

「株式会社サンコー様 Androidタブレットの作業実績管理 システムを3ヶ月でアジャイル開発」

  • HOME »
  • 「株式会社サンコー様 Androidタブレットの作業実績管理 システムを3ヶ月でアジャイル開発」

(以下は、2013年10月22日発刊メールマガジンからの転載です)

*********************************************************

<超高速開発とアジャイル開発>

株式会社サンコー様の新潟工場は、Androidタブレット(Nexus7)で動作
する作業実績登録システムを開発され、2013年4月から運用を開始されました。
7台から運用を初め40台まで拡張予定です。
PC版を先に開発していたため、2~3日でモバイル版プロトタイプが完成しました。
PCもiOS/Androidもワンソースで開発できるMagic xpaだからこそできる
高速開発からのスタートでした。

サンコー様の生産管理システムはMagic xpaで開発されていました。
Magic xpaがモバイル対応したことを機に、従来は紙で行われていた
作業実績管理業務のシステム化を決定しました。作業実績データを生産管理
システムに連携し、業務の効率化につなげたいとの考えからでした。
開発を担当されたのは、Magicパートナーの芝通アドバンス様。プロトタイプ
をベースにサンコー様のプロジェクトチームとのコミュケーションを重ね、
開発・評価・検証・修正を2週間サイクルで繰り返す、スパイラル開発で
システムを育てていきました。修正が即座に遠隔地のユーザーのデバイスで
確認できるので、検証・修正サイクルがスムーズでした。

<ツールの現在と今後の展望>

現在のMagic xpaモバイルアプリは、常にオンライン(サーバとの通信が
つながった状態)でのみ動作します。DBをデバイス側に持つことができず
サーバDBを都度参照するので表示が遅いのが弱点です。
マジックソフトウェアは次のマイナーバージョンアップで、オフライン機能
を実現します。ネットワークがつながらない環境でも、デバイス側に
ローカルDBを持ち、アプリケーションを稼動させることが可能になります。

この事例の詳しい内容はこちらのURLをご覧ください。
PDFもダウンロードできます。
http://www.magicsoftware.com/ja/stories/sanko

Copyright © 超高速開発コミュニティ事務局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.