Extremely Rapid Application Development Community (xRAD)

メルマガ抜粋第24号 リレーVOICE

  • HOME »
  • メルマガ抜粋第24号 リレーVOICE

(以下は、2014年9月9日発信のメールマガジンからの転載です)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★☆★

「超高速開発の利益は誰のものか。」

超高速開発から最大の利益を得るのは誰なのでしょうか。情報システム部門、
ベンダー、プログラマー、いえ、違います。経営者です。現代の経営者にとって、
今、最も大事なことはコストダウンではなく、人減らしでもないのです。自分の
戦略実施の成否を早く知り、すぐに訂正し、成功を確実にすることです。たとえ
失敗したとしても、すぐに中止でするオプションをもっていれば、損害を最小に
食い止めることができます。

戦略を意思決定しても、その実施に3年もかかっては、環境の変化に遅れてし
まうことは間違いありません。もし数週間程度で実施できれば、誰よりも、経営
者が喜ぶのです。これまでの開発手法は、情報システム部門の専権事項だったか
もしれません。しかし、超高速開の登場によって、はじめて、開発手法が経営者
の意思決定の最も重要なテーマのひとつになったのです。

激変、想定外の連続の現代、とにかく、意思決定した戦略を早く開発し実施す
ることです。その価値を、経営者が理解できないはずはないのです。いまこそ私
たちが、超高速開発会こそ経営者の利益にかなうのだと、大きな声をあげて提起
しようではありませんか。
一般社団法人 クラウドサービス推進機構
理事長 松島桂樹

Copyright © 超高速開発コミュニティ事務局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.