Extremely Rapid Application Development Community (xRAD)

第6回 モデリング分科会

「WEBサービスで稼ぐための業務システム」のモデリング&プロトタイピング

 辣腕の技術者が集う「モデリング分科会」が特別セミナーを開催します。「WEBサービスで稼いでいるIT企業」の業務システム刷新を題材にして、「モデリング&プロトタイピング」のスキルを学ぶためのセミナーです。

 超高速開発ツールは「書いた仕様書がアプリとしてそのまま動く」ための仕掛けなので、詳細設計フェーズにコンピュータのパワーを持ち込むための決め手となります。これを用いて「仕様書どおりに動作するシステム」をプロトタイピングすれば、仕様書の妥当性が確実に向上します。結果的に詳細設計は、退屈な「文書作成作業」から、アグレッシブな「仕様の的確さの検証作業」に変貌します。

 しかし、それだけでは十分ではありません。詳細設計に先行する「基本設計」においても、コンピュータのパワーを活用すべきです。すなわち、Excelやお絵かきツールなどではなく、業務システム専用のCADツールを使って設計しましょう。なぜなら、設計情報が形式化・構造化されるだけでなく、設計品質がフロントローディングされるゆえに、それに続くプロトタイピングの効果がさらに高まるからです。

 「モデリング&プロトタイピング」を本番実装に先行させる——それこそがシステム開発を成功させるための鍵です。今回のセミナーではそのためのスキルを、WEBサービスの売上、請求、原価集計、商品企画を支援するための業務システムを課題として学びます。実際に手を動かすことで、モデリングの楽しさや難しさ、そしてプロトタイピングの圧倒的効果を実感できることでしょう。本格的なシステム開発の上流工程を経験する機会など滅多にありません。お誘いあわせのうえご参加ください。

日 時 平成28年9月24日(土)

13:00-17:00

会 場 株式会社プライド 会議室
http://www.naska.co.jp/access/
参加費 無料

※ 終了後に懇親会を予定しています。

定 員 32名
お申し込み (終了しました)
Copyright © 超高速開発コミュニティ事務局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.