Extremely Rapid Application Development Community (xRAD)

第8回Agileツール適合化分科会

日 時 平成27年12月8日(火)
18:30-20:30
場 所 (株)IT働楽研究所 3階会議室 (東京 神田)
http://www.doraku-holdings.co.jp/about/access.html
内 容 (1)テュートリアル:「テスト自動化フレームワークTDD/BDDと支援ツール」 片岡 雅憲
<内容概要>BDD(Behavior Driven Development)のこれからの可能性をTDD(Test Driven Development)との比較において探る。そして、BDD用のテストフレームワークであるJBehaveを解説し、これとSelenium WebDriverとの連携について述べる。

(2)事例発表1:「ダミーデータ自動生成の取り組みについて」贄 良則(株式会社ジャスミンソフト)
<内容概要>国内で利用できるオープンなデータと、業務設計情報を組み合わせ、ダミーデータの自動生成を行う取り組みについてお話します。

(3) 事例発表2:「富士電機(株)のソフトウェア開発について(仮題)」
<内容概要>富士電機(株)のソフトウェア開発の状況についてお話致します。

参加方法 参加お申し込みはこちら

会場をご提供頂く(株)IT働楽研究所 に、参加者の事前登録をお約束しています。ご参加にあたりましては、下記の出席票を片岡宛てにお送り頂きますようにお願い致します。なお、今回より新たに参加される方につきましても同様に出席票をお送り頂きますようにお願い致します。

Copyright © 超高速開発コミュニティ事務局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.