Extremely Rapid Application Development Community (xRAD)

超高速開発コミュニティ発足のプレスリリース

プレスリリース

2013年8月6日

「超高速開発コミュニティ」の設立について

~ 経営の変化に迅速に対応できる情報システムを目指して ~

情報システムが経営の変化に迅速に対応できないことが、この数年大きな課題となっています。 その根本的原因は、労働集約的な作業を通じてシステムを開発し保守しているからです。 企業が市場で競争力を高めようとするのであれば、そういった旧来のやり方を抜本的に見直すことが必要です。 そういった理念を持った企業13社が発起人となり、2013年8月6日付で、「超高速開発コミュニティ」(会長:関 隆明)を設立しました。 発起人となった13社はソフトウェア開発の自動化ツール等を提供するIT企業です。 今後、ユーザー企業、SIベンダーおよび今回発起人に含まれていない他の開発ツール提供のIT企業などのさらなる参加を求めて活動します。

【背景と狙い】
コンピュータを活用した情報処理能力の飛躍的向上・発展により、この50年余の間のハードウェアやネットワークの性能向上は目覚ましいものがあります。 それに対して、ソフトウェアを開発し保守するという仕事は大きな進歩がなく、相変わらず属人的かつ労働集約的なやり方で行われています。 そのため、生産性の向上は進まず、システム開発プロジェクトの成功率は低い状況にあり、さらに、新3K(きつい、厳しい、帰れない)職場といったイメージがつきまとっています。 現在、企業の経営者は、変化に迅速に対応できる能力を情報システムに求めています。高い生産性、変化への対応能力、そして高品質の実現です。

この問題を解決するために、パッケージソフトの活用や低賃金労働力活用によるオフショア開発などが試みられてきましたが、根本的解決には至っていません。 そのような状況下で近年急速に注目されて来たのが、より高い生産性をもたらす開発ツール・開発メソドロジーの活用により根本的な解決を図ろうという試みです。 従来、それぞれのベンダーによる活用促進は図られてきましたが、まだユーザーや業界全体に広く理解・共有されるには至っていないというのが現状です。

「超高速開発コミュニティ」設立の狙いは、二つあります。

  1. 企業のスピード経営の実現
  2. 魅力あふれるIT業界への変革

超高速開発コミュニティに参加する13社は、ビジネスの現場では競合する関係でもありますが、使命感を共有し、システム開発の方法を抜本的に改革するという高い理想に向けて活動していくことで合意しました。 今後、ユーザー企業の方々にも積極的に参加いただき、情報交流の促進と超高速開発ツールの利用拡大を通じて、企業の活力向上と変化への対応力向上に寄与していきたいと考えています。

システム開発に関わるあらゆる企業が、超高速開発コミュニティ設立の理念に賛意を示していただき、積極的に参加していただくことを期待しています。

【団体の概要】
(1)名称 : 超高速開発コミュニティ
英語表記:Extremely Rapid Application Development Community (略称:xRAD)
(2)会長 : 関 隆明

【参加企業(正会員)】

  • 株式会社アイエルアイ総合研究所(代表取締役 内藤慶一)
  • 株式会社アトリス(代表取締役 安光正則)
  • インフォテリア株式会社(代表取締役社長/CEO 平野洋一郎)
  • 株式会社ウイング(代表取締役 樋山証一)
  • 株式会社オープンストリーム(代表取締役社長 佐藤浩二)
  • キヤノンソフトウェア株式会社(代表取締役社長 加藤高裕)
  • ケン・システムコンサルティング株式会社(代表取締役社長 高橋俊夫)
  • サピエンス・ジャパン株式会社(代表取締役 岡田学)
  • 株式会社ジャスミンソフト(代表取締役 贄良則)
  • 株式会社フロンテス(代表取締役 舟崎信義)
  • 株式会社Bluememe(代表取締役 松岡真功)
  • マジックソフトウェア・ジャパン株式会社(代表取締役社長 佐藤敏雄)
  • 有限会社ユニバーサル・シェル・プログラミング研究所(代表取締役所長 當仲寛哲)

※ 2013年8月6日発足時の参加企業。

【超高速開発コミュニティの活動概要】
超高速開発コミュニティでは、セミナーやWebを利用して次のような活動を行っていきます。

システム開発におけるツール適用事例を公開することにより効果を理解していただき、ユーザー企業への浸透を図っていく。
ツール適用時の開発の方法論や、成功するシステム開発の考え方および手法を普及していく。
会員のユーザー企業の皆様に研修等での割引サービス等を提供する。(今後、さらに活動内容を拡充していく予定です)

【エンドースメント】

“超高速開発ツールの最初の導入目的は早く安く開発ができることだった。しかし、ツールを使っていくと現場から発生するデータから経営視点で欲しい情報が早く加工して見れるようにシステムを進化させることが容易になることに気づいた。その結果、的確な経営管理や迅速な手が打てるようになった。

皆さんの開発ツールはスピード経営、柔軟経営を推進するためには有効であり、様々な分野で適応される開発ツールが集まって、企業の経営支援が推進できるよう頑張ってほしい。”

株式会社鈴廣蒲鉾本店 代表取締役社長 鈴木博晶 様

“コンピュータがコンピュータで動くシステムを効率的に作るという当たり前のことが出来ていない現実があります。適応性がないものにウォーターフォール一貫開発を適用し、失敗したプロジェクトがたくさんあります。そんな問題にようやく陽が当たりだしました。それがアジャイル開発手法や超高速開発ツールです。このたび超高速開発コミュニティが発足し、IT業界の変革を目指すことになりました。そのチャレンジにエールを送ります。”

株式会社オラン 代表取締役 木内里美 様
特定非営利活動法人システムイニシアティブ協会 理事長

“ソフトウェア開発の諸問題への対策の一つとして考えられるのが、様々な技術や経験を有する方々が集う“場”を設定することだと思う。いつもと同じメンバーが議論しても、大して新しいアイデアは出てこない。今回、関さんが設立された「超高速開発コミュニティ」に期待したい。”

学校法人・専門学校 HAL東京 校長  鶴保征城 様
P-sec 実践的ソフトウェア教育コンソーシアム 会長
社団法人情報処理学会 フェロー、IPA顧問

【会員区分】

1) 正会員
◇ ユーザー企業
◇ 超高速開発ツール・メソドロジーを提供するツールベンダー

2) 準会員(SIer、ITコーディネータ、ITコンサルタント)
◇ 法人
◇ 個人

【関連Webサイト】

トップ固定情報

以上

Copyright © 超高速開発コミュニティ事務局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.