Extremely Rapid Application Development Community (xRAD)

第19回セミナー ユーザー事例発表 – MagicLogic

  • HOME »
  • 第19回セミナー ユーザー事例発表 – MagicLogic
日 時 平成29年2月24日(金)
13:30-15:40
会 場 神田エッサム1号館301
http://www.essam.co.jp/hall/access/
内 容 ■ 第一部 ユーザー事例発表

「マジックロジックによる申請業務の改革」

発表者  株式会社エス・ティ・エス 
     ソフトハウスビジネス 石田 雄一様
 
当社の申請書類は、今まで運用が手作業で非効率でしたが、承認申請フローをWebシステム化することを検討。当初スクラッチ開発を考えていましたが開発工数がかかることや難しさもあり簡単な設定のみでWebシステムを作ることが出来るMagicLogicを採用し想定した工数を1/5に抑えて開発ができ、運用保守を行っています。

■ 第二部 最新技術動向

(1) 業務システム全自動化(ロボティック・プロセス・オートメーション)
BizRoboとExcel・「StiLL」で実現するWebアプリ・業務システム全自動処理のご紹介

Windowsが登場し二十数年、ユーザーは紙と鉛筆代わりにPCで業務処理を毎日しています。
業務アプリも上から下までソフトウェアに置き換えらました。本セミナーでは更にそのWebアプリと業務処理(Excel等)をBizRobo・StiLLで物理的に繋ぎ、業務全自動化の合体事例のご紹介です。実物でお確かめ下さい。

発表者 株式会社アイエルアイ総合研究所 代表取締役 内藤 慶一

(2) 内製化が業務システムを救う!!ユニケージで本当に必要な業務システムを素早く開発!!

市場の変化に即応して、新しい業務を立ち上げたい!
でもシステムがなかなか出来上がらず業務改革のテンポが上がらない…
そんなお悩みにはユニケージによる内製化がおススメです。
このセミナーではなぜシステム開発には時間がかかるのか?
内製化するとなぜ素早くシステムを開発、更新していけるのかご説明いたします。

発表者 有限会社ユニバーサル・シェル・プログラミング研究所 技術研究員 中村 和敬

参加費 会員 無料
非会員 2,000円
お申し込み (終了しました)
Copyright © 超高速開発コミュニティ事務局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.