Extremely Rapid Application Development Community (xRAD)

第18回セミナー ユーザー事例発表 – Wagby,Magic xpa,StiLL

  • HOME »
  • 第18回セミナー ユーザー事例発表 – Wagby,Magic xpa,StiLL
日 時 平成28年11月18日(金)

13:30-17:00

会 場 エッサム本社ビル こだまホール
http://www.essam.co.jp/hall/access/
内 容 <第一部 ユーザー事例>

■ 非エンジニアによる設計・開発・リリース事例

 ソフトバンク株式会社
  超高速開発 開発担当者 重藤 旭 様
  超高速開発 企画担当者 小澤 裕 様

 ソフトバンクでは2015年から超高速開発ツールwagbyも用いた小規模な業務システムの構築を行なっております。社内ニーズは高まる一方で、エンジニアの工数は限られるため、技術者の支援の下で利用希望部門の社員がwagbyの操作方法を学び設計、構築、リリースまでを行うことが可能かの実証を行いました。今回は非エンジニアによる設計、開発、リリースまでのポイントをご紹介いたします。

■ Magicによるグループ企業のシステム内製の効率化

 株式会社山梨ニューメディアセンター
  取締役 企画開発局長兼営業局長 望月 裕 様

 弊社は山梨日日新聞・山梨放送などメディアを中心としたグループ会社です。業務も特異なものが多く、汎用のパッケージでは相性が悪く、外部開発するには費用が掛ってしまいます。そこで特異業務に絞って効率よく内製するためにMagicを採用し対応をしております。Magicの開発効率・多様なDBの対応などが各社の様々なニーズに対応するのに非常に役に立ちます。その対応状況を簡単にご紹介いたします。

■ 私はこのようにシステムを作った!

 富士商興株式会社
  総務経理部 情報システム管理グループ
  グループリーダー
  田中 英幸 様

 当社では販売管理パッケージシステムを導入しておりますが、事業規模の拡大、取り扱い製品の多様化でパッケージが業務に合わない状況でした。そこで、マクロ・VBA不要の超高速開発ツール「StiLL」を導入し、
仕事の流れに沿ったシステム開発を行いました。短い期間の中の開発ではありましたが、ILIスタッフの協力もあり、一から作り上げることができました。今回は「StiLL」の開発ポイントをご紹介します。

<第二部 最新技術事例発表>

■「位置情報3.0」時代のBeacon活用事例と今後の展望

 株式会社 ジェナ
  執行役員 新事業部 マネージャー 岡村 正太 様

 イベント会場、病院、工場、飲食店など、Beaconの導入効果や今後の展望について事例を中心にご紹介します。

参加費 会員 無料
非会員 2,000円
定 員 100名
お申し込み (終了しました)
Copyright © 超高速開発コミュニティ事務局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.