Extremely Rapid Application Development Community (xRAD)

第16回セミナー「ユーザー事例発表 – ODIP, ユニケージ開発手法, TALON」

  • HOME »
  • 第16回セミナー「ユーザー事例発表 – ODIP, ユニケージ開発手法, TALON」

■ 第16回セミナー ユーザー事例発表

2月25日(木)にユーザー事例発表を開催しました。

日 時 平成28年2月25日(木)
13:30-17:00 (開場 13:00)
会 場 エッサム神田ホール1号館 301
(http://www.essam.co.jp/hall/access/)
内 容 ■ レイヤーズ・コンサルティング様ODIP(オーディップ)導入事例

~ バッチ超高速開発ツール活用による開発プロジェクトの大幅コスト削減手法 ~

株式会社レイヤーズ・コンサルティング
IT事業部 マネージャー
飯田秀一郎 様

大手企業の大規模システムの全面再構築において、バッチ処理構築の超高速開発ツール(ODIP(オーディップ))を用いて、大幅にコスト削減したシステム構築事例を基に、超高速開発ツールの導入メリットや機能の適応評価等の導入課程、及び、プロジェクトに適応するための適応課程の進め方や課題対応について、ご紹介いたします。


■ あきゅらいず様ユニケージ開発導入事例

~ ユニケージ開発によって、生まれ変わった「ECサイトと基幹システム」~

有限会社あきゅらいず
情報システムチーム
横田 哲 様

2013年5月、弊社はユニケージ開発手法によって、ECサイトと基幹システムを同時に内製化して稼働させ、以降、他社ベンダーに一切頼ることなく、次々と新たな仕組みを短期間で自社開発し、お客様へのサービスを提供し続けております。ユニケージ開発手法によって、どれくらいの「スピード」「柔軟性」が発揮出来るのかを、実例をあげて簡単に紹介させて頂きます。


■ 東邦車輌株式会社様 TALON 導入事例

~ TALONを利用した、全社システムの結合・見える化 ~

東邦車輌株式会社
情報システム課
課長 岸 正道 様

群馬県邑楽郡にある東邦車輌様は、トレーラ・タンクローリなどの特装車の開発・製造・販売を手掛けています。
この度、超高速開発ツール「TALON」を利用して、現在社内に点在している11のシステムを結合し、バラバラに存在していた情報を1か所に集約しました。
これまでは複数のシステムからそれぞれ必要な情報を取得していましたが、一気に必要な情報を取得可能となりました。
さらに、現在、新規でのシステム開発も同システム上で行っています。
今回はこの、TALONを使った開発事例をお話しいただきます。

参加費 会員 無料
非会員 2,000円
定 員 100名
お申し込み (お申し込みは終了しました)
Copyright © 超高速開発コミュニティ事務局 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.